2015年9月4日

リコーダーケース

練習の場所に向かう時、コンサートの時など、持ち運ぶリコーダーが1本とは限りません~。
何本も持ち歩かないといけない時があります。
でもリコーダーを買った時の専用のケースはとても重たいのです.....(T T)

今使っているのは「ウクレレケース」です。
軽くて、それでいてクッション性があってとても重宝しています。
ウクレレにも色々種類があり、テナーウクレレ用のケースを選びました。













楽器と楽器の間には、100円ショップのメラミンスポンジを中に入れて作った
仕切りを使ってます。
Yamahaのテナーが組み立てたまま入ります
バスからソプラノまでを収納出来ます。
A4サイズのファイルが入るので楽譜も一緒に入れられます


閉じるとこんな感じ。
縦にして背負うことも出来ます
その側のポケットには、チューナーなどの小物も収納出来ます











バスリコーダーがある時とない時で荷物の大きさが変わります。
バスリコーダーだけの時は、カメラの三脚ケースを使っています。
キルト生地で作ったロールケースに入れて....











三脚ケースに入れます。













逆に、バスリコーダーがない時はこちら。
これもロールケース。ソプラノ、アルト2本、テナーが入ります
三脚ケースにも入ります










袋モノを見ると、ついついリコーダーが入るんじゃないかな~
なんて思ってしまいますね(^ ^)